スポンサーリンク

PCR検査、なかなか受けれないんですね。ちょっと不安になります。

シニアな日々・ひとりごと
acworksさんによる写真ACからの写真

土曜の夜中1時ごろかな、8.7度くらいの発熱があり、頭痛、強い倦怠感、そして身体がプルプル震えるのです。

震えが強く、ちょっと焦っちゃいました。とても寒くて、とりあえず心臓もバクバクしてたので

動悸止めにインデラル錠と解熱剤をのみましたが、なかなか良くならず、朝6時くらいで、

やっと7.5度くらいまで下がり寒さも震えも落ち着いた感じになりました。

結局日曜の午前まで7.5度前後からは下がらず、夕方になりやっと6度代に下がりました。

それでも倦怠感、頭痛はあり横になるばかり。

土、日曜だったので病院に連絡も出来ず、結局様子見で、月曜の朝に保健所帰国者センターに連絡してみました。

症状を話し、シニアであること、持病もあること、仕事でも空港、駅、ショッピングセンターなど人の集まるところに仕事ででかけていることも説明、PCR検査を受けることはできないかお願いしました。

結局、熱が下がったようなのでかかりつけ医に診てもらってくださいということになりました。

病院ではレントゲン、血液検査をしましたがそれは問題なかったです。

今回は熱が下がったので病院にとなりましたが・・熱があると病院ではすぐに診察してくれないので、帰国者センターに連絡してから判断を仰ぎ検査となると思います。

仮に7.5度以上の熱があれば4日ほど様子を見てからとなっているのでその間も辛い時間を過ごすことになります。もし他の病気であったりするかもしれないし不安になりますよね。。


会社には事情を説明し火曜まで様子を見てもらい熱がなければ水曜からの業務という事になりました。

明日から通常通り仕事です。ちょっと不安ではありますね、体調悪くなったらすぐ切り上げるようにはなっていますが、回りの人に迷惑かけちゃわないかなと。。。

でもPCR検査ももっと受けてもらった方がいいとは思うんだけどなぁ。

日本は他国に比べて極端に、異様に検査数が少なく問題かなぁと感じています。

ほとんどは大丈夫とは思うけど、一度熱が出た人などは確実とは言えないと思うので念を押す意味で。

ただただ検査で忙しくなり、検査キットも足りない状態らしいから仕方ないとは思うし、

検査が増えることでお医者さんの負担は増えるし病床数が足りなくなるのもとても理解はできますが。。

医療崩壊も問題となっているし。。。とにかく医療崩壊を極力なくするよう政府で第一に考えてほしいと思います。

明日からまた仕事に向かいます。。感染、注意しないとなぁ。。

スポンサーリンク